ヨーロッパ海外移住 チェコ プラハの暮らし

チェコに移住した日本人主婦のブログ。チェコのやや最新ニュースと欧州暮らし。便利な情報サイトを目指しています。

生活情報

在チェコ大使館情報(2020.7.2)

投稿日:

在チェコ大使館からお知らせ

コロナウイルスに関する大使館からの情報です。

チェコ入国措置の更なる変更

7月1日,チェコ内務省は,同省ホームページ上で,入国措置に関する規定を以下のとおり更新しました。日本人の入国措置に関する主な変更点は,以下のとおりです。

1 チェコの滞在許可等を有する日本人(下記「入国措置に関する表」のうち、「C1」に該当)

(1) チェコ政府が発行した長期滞在許可,永住許可,長期査証,5月11日以降に発行された短期査証を有する日本人で,かつ過去14日の間に高感染危険国(※1)に12時間以上の滞在歴が無い場合には,チェコ入国時に,衛生局の指示によるPCR検査受診・隔離等の義務から免除されます

(2)チェコ政府が発行した上記滞在資格を有する日本人で,過去14日の間に高感染危険国に12時間以上の滞在歴がある場合には,チェコ入国時に,衛生局の指示によるPCR検査結果の提出・隔離等の義務が課せられます。

2 低感染危険国(安全国)のうち,相互主義の条件を満たしている国(※2)で滞在許可等を有する日本人(「C2」に該当)

 低感染危険国(安全国)のうち,相互主義が成立している国の政府が発行した長期滞在許可または永住許可を有する日本人で,かつ過去14日の間に高感染危険国に12時間以上の滞在歴が無い場合には,チェコへの入国が可能です。また,チェコ入国時にPCR検査受診・隔離等の義務からも免除されます。

3 上記1及び2の資格を有さない日本人(「C3」及び「C4」に該当)

 上記1及び2の資格を持たない日本人の入国は,ごく一部の例外を除き,禁止されています。日本人のチェコ入国査証免除措置は停止されておりますので,ご注意ください。

チェコ内務省ホームページ(英語)

https://www.mvcr.cz/…/a…/coronavirus-information-of-moi.aspx

入国措置に関する表(7月1日現在)

Conditions for entry of persons to the territory of the Czech Republic (valid from July 1st, 2020 00:00) in accordance with the Ministry of Health Protective Measure

※1:高感染危険国 スウェーデン

https://koronavirus.mzcr.cz/seznam-evropskych-zemi-podle-m…/

※2:低感染危険国(安全国)のうち,相互主義の条件を満たしている国

ベルギー,ブルガリア,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,クロアチア,アイルランド,アイスランド,イタリア,キプロス,リヒテンシュタイン,リトアニア,ラトビア,ルクセンブルグ,ハンガリー,マルタ,ドイツ,オランダ ,ノルウェー,ポーランド,ポルトガル,オーストリア,ルーマニア,ギリシャ,スロヴァキア,スロヴェニア,スペイン,スイス,英国,セルビア,モンテネグロ

-生活情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

欧州の冬 日照不足と冬季うつ対策

暗くて寒い冬の始まりは、冬季うつに注意! 本格的な冬がやってきたので日照時間が大幅に減少しました。 夏場は22時まで明るかったのですが、11月中旬に入ると15時、16時にはもう薄暗くなっています。 暗 …

チェコ 2020/10/22よりロックダウン開始

2回目のロックダウン 2020年10月22日から、非常事態宣言終了に合わせた11月3日までロックダウンになりました。 2020年10月22日現在の新規感染者数が約1万2000人と、これまでの最多を記録 …

チェコ コロナ禍の年末年始の過ごし方

チェコの年末年始 こんにちは、プラハの暮らし編集部です。 今年はコロナ禍で、2020年をどのように過ごしたか記憶が定かではないところが多々あり、あっという間に年の瀬を迎えてしまいました。 今回は、通年 …

プラハの日本人美容室移転のお知らせ

日本人美容師 まみさん プラハには日本人美容師さんが2名いらっしゃいます。 今回は、まみさんの美容室サロンが移転になったのでお知らせです。 手に職があれば、どの世界でも生きていけますね。 特に、日本の …

広尾トーク「チェコと日本の食料品ビジネス」メモ

広尾トーク 在日本チェコ共和国大使館が開催している、オンライン対談シリーズ「広尾トーク」。 大使館が広尾にあるから、広尾トークという名前なんでしょうね。 専門家を集め、不定期で対談動画を配信しています …